切り花を長持ちさせるには

お花を彩るといった広間の感覚が変わりますよね。
なので、なるたけ長持ちさせるために身がやることを紹介します。
ひと手数かけておくだけで甚だ保ちほうがかわってくる。

それでは水切りだ。
ひたすら素晴らしいナイフやはさみを用意して下さい。
菌の増殖をふせぐために清潔にしておきましょう。
お花は拳固の温もりがつたわると弱ってしまうので何気なく持つようにしてください。
そうして水を張ったボウルなどに茎を入れ、潤い体得を一段とよくする結果4センチほどのところで茎を斜めに切ります。

ボウルの下の側で切れば水圧にてどんどん水の巻き上げが良くなります。

花瓶はたえず清潔にして連日水をかえ、そのつど茎の点を切りましょう。
不潔やるところは腐ってしまっている。
花はブレスをしていますが、水につかってある部分は息吹ができない結果壊死してしまうのです。
枝や菊の助っ人などいくつかの別物もありますが、水の深さは5センチほどまでが望ましいと思います。
そうして水につかる部分の葉は総合取ってくださいね。

いかがですか?単にこれだけの方法で、お花は更に長持ち決める。

因みにお花が弱ってきた場合は、水にぬらした新聞で巻き、新聞紙ごと水の入った器に長時間つけてください。